『ハムレット』あらすじ

TOP | 公演に寄せて | 公演詳細・ご予約方法

 

<あらすじ>

 

デンマークの王子ハムレットは深い哀しみと苦悩のうちにあった。

 

父である王が原因不明のまま急死した後、叔父のクローディアスが王位を継いだばかりか、母である王妃ガートルードがクローディアスとすぐさま再婚してしまったのだ。

 

ある夜、ハムレットの前に父の亡霊が現れ、クローディアスが王位を奪うために自分を毒殺したのだと語る。それを聞いたハムレットはクローディアスに復讐を誓い、その日以来、復讐の機会を捉えるために人々の前で狂気を演じ始める。ハムレットの急変に戸惑う王と王妃は、ハムレットの学友たちを呼び寄せ、ハムレットの様子をうかがわせる。一方、国王の顧問官ポローニアスは、ハムレット急変の原因は自らの娘オフィーリアへの恋にあると主張。自分の意に反し父に言われるままオフィーリアはハムレットからの数々の贈り物を返そうとするが、ハムレットは本心を明かさず逆にオフィーリアにひどい言葉をぶつける。ひどく心を傷つけられたオフィーリアは、悲しい出来事が度重なったことで、やがて狂乱に陥ってしまう。

 

ハムレットは旅回りで城を訪れた役者たちに『ゴンザーゴ殺し』を演じさせる。王の暗殺を示唆する場面でクローディアスはうろたえ、その場を立ち去ってしまう。亡霊の言葉が真実であると確信したハムレット。身の危険を感じたクローディアスは、ハムレットを亡き者にしようと企てるが、事態はやがて、悲劇的な結末へと一直線に向かってしまうのだった・・・。